top of page

6月30日(日)

|

花島コミュニティセンター 講習室1(2階)

オリジナルプレイ実践会 in 千葉

オリジナルプレイを創りあげたフレッド博士の来日の際に、Original Play®を直に学んだプレイヤーが、この手法を元に子どもたちと遊んでいきます。

オリジナルプレイ実践会 in 千葉
オリジナルプレイ実践会 in 千葉

日時・場所

2024年6月30日 12:40 JST

花島コミュニティセンター 講習室1(2階), 日本、〒262-0042 千葉県千葉市花見川区花島町308

イベントについて

こちらの実践会では、フレッド博士来日の際にOriginal Play®を直々に学んだプレイヤーが、この手法を元に約15〜30分の間、子どもたちと遊んでいきます。

プレイをしていく中で、個々の関わりやグループにおいて、道具や言葉を使わず、全ての子どもが安全で愛されるために大切なコミュニケーションや遊びについてのあり方・具体的な方法を学び、深めていきます。

また、心理的・生理的な介入プロセスや感覚運動学習を体験から学びます。競争や勝ち負けの関係性から離れ、言語の限界を超えて、つながりと愛を感じられるコミュニケーションを身に着けていきます。

子どもへの脅しや強制、押しつけの必要なしに、学習や創造性、能力開発のための最適な場つくりをすることを目的としています。

実践会ファシリテーター:広瀬 絵美子

【保護者の皆さまへ】

保護者の皆さまには、子どもたちとプレイヤーがどの様に遊んでいるかをご覧いただきながら、その様子を感じていただければ幸いです。

なお、プレイ終了後には、振り返りや質問などの時間を設けさせていただきます。

また子どもたちには、プレイに参加する/しないを選ぶ権利があり、その選択もプレイの要素です。

このため保護者の皆さまにおかれましては、お子さまに参加を強要されないこと、またその場の状況により、予定どおりに進行しないこともあります旨を、あらかじめご理解のほどお願いいたします。

※参加される方は動きやすい服装でお越しください。

【開催日】2024年6月30日(日)

【開催場所】千葉市 花島コミュニティセンター【講習室1】(2階)

【参加費】子ども1人:2,000円

 ※ きょうだい割引 2人目:1,500円 / 3人目:1,000円

【スケジュール】

①12:45~13:45 : 1~3歳

②14:00~15:00 : 4~5歳(年小~年中)

③15:15~16:15: 6~8歳(年長~小学生)

※ 開催時間 および 年齢区分は、当日参加されるお子さまの人数によって変更する場合がございます。(お申し込みをいただいた皆さまへは随時ご連絡をさせていただきます。)

【Original Play®とは?】

オリジナルプレイ(Original Play®︎)は、子どもや野生動物との遊びの専門家であるアメリカのフレッド博士によってまとめられた、人間の発達行動・遊び・学習に関するプログラムです。

フレッド博士はある時、大学教授の仕事にて突然退職を迫られ、仕方なく子どもたちと遊ぶ仕事をすることになりました。動きの激しい子どもたちや発達障害のある子どもとの遊びに、戸惑い毎日怪我をし、そのあまりの痛さにお風呂で泣いていたこともあったそうです。

そんな日々を過ごす中、合気道に出会い、遊びが変わり、さらに狼やライオンなどの野生動物との触れ合いの中から『オリジナルプレイ(本来の遊び)』を発見します。

「30年もかけて、子どもや野生動物と遊んでいる中で気づいたのです。『恐れるものは何もない』これで世界が変わります。」

「オリジナルプレイとは、人がどのように世界と関わっていくかです。」

フレッド博士の言葉は『自分の在り方』を伝えてくれます。

ぜひそんな、フレッド博士の世界観を、子どもたちとプレイヤーによる言葉を越えた対話と共に、感じていただければ幸いです!

【フレッド博士(O. Fred Donaldson)】

“オリジナルプレイは子どもからしか学べません。私は教えるのではなく、私の先生である子どもから学ぶための準備をします。”

​フレッド博士は、1970 年以来、あらゆる野生動物(オオカミ、イルカ、熊など)やあらゆる年齢の人々と遊んできました。彼はその体験から発見した法則や在り方を「オリジナルプレイ」というプログラムにまとめました。

そして彼は、この方法で、特別支援領域の子ども、文化的に多様なコミュニティ、ストリートチルドレン、ギャングメンバー、刑務所などでもプレイを通して、信頼、つながり、和解の世界を作り出してきました。

フレッド博士はおっしゃいます。

「オリジナルプレイは私が開発したのもではありません。これは宇宙と共に始まっている。神様からの贈り物がオリジナルプレイなのです。」

ピューリツァー賞にノミネートされた「Playing by Heart:The Vision and Practice of Belonging 」著者。ワシントン大学、カルフォルニア州立大学ヘイワード校、The California School of Professional Psychologyの元教授。現在、世界中で講演やワークショップを行い、感動を与えてくれています。

【お問合わせ】

ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

Studio B-liebe(ビリーブ) 担当:広瀬

Mail:play@studio-b-liebe.com

皆さまのご参加を、心よりお待ち申し上げております!

このイベントをシェア

bottom of page